Top >> 業務内容 >> 高所特殊作業
求人情報 | 個人情報保護法に基づく表記 | お問い合わせ | サイトマップ

ガラス清掃・外壁清掃の専門会社として創業40年以上社業を継続している株式会社ルナビルメンテナンス 高所特殊作業

ビルの屋上のそのまた上にも私たちの仕事があります。ロープを運用した特殊技術は高所作業の可能性をひろげます。立方体も球体も私たちの技術ロープアクセスなら可能です。IRATA(国際産業ロープアクセス協会)の高度で統一されたロープアクセス技術を用いてコスト削減・工期短縮・極小影響を安全に実現します。

  • 安全なロープの固定
  • 後ろに体重移動させています
  • 完全にロープのみで体を支えています
  • 完全にロープのみで体を支えています
  • 作業開始です

ルナビルメンテナンスのロープアクセス

建物の清掃保守業務においては、様々な場面で高所作業が要求されます。
当社は炎のオブジェ、くにびきメッセや多くの建築物で高所作業の実績を重ねながらロープ運用技術を磨き改良してきました。
ロープアクセスは、高所で柵外に出る場合や傾斜地・垂直面での作業を安全に行う方法として一番優れた技術と確信しています。
そしてロープアクセスは、高所作業の可能性を広げます。

くにびきメッセでの作業くにびきメッセでの作業くにびきメッセでの作業

創業以来、培ってきた高度なロープの運用技術は、TVや新聞等のメディアで紹介されています。

 

技術的特徴 - 最新の高所作業専門の器具を使用することで、登高と下降が可能です。

 
球体の作業が可能です
球体の作業が可能です
オーバーハングの作業が可能です
オーバーハングの作業が可能です

「炎のオブジェ」作業動画をこちらのページでご覧になれます。→ Movie

登高技術
登高技術
下降技術
下降技術

システムの安全性

 
安全性を支える強度
破断強度20kN以上のロープ2本使用します。
 
用具の安全性
高所に関するヨーロッパ基準等の国際的安全基準に合格した用具を使用します。
 
システムの安全性
メインロープ側の下降器とライフライン側の墜落阻止器具にダブルの安全装置を使用する安全確保システムです。

メリット - 高所作業のトータルコストダウンが可能です。

 

仮設ゴンドラ・ビデ足場を設置しなくても高所作業が可能です。

 

新築ビルに移動梯子・キャットウォーク等を設置しなくても適切な吊り元を取り付ければ高所作業が可能です。

ロープアクセスは高所作業の可能性を広げます。

IRATAとは ロープアクセスの災害防止を目的とした技術の統一と資格制度を作り上げ世界へ普及を行っている団体です。現在、世界50カ国、会員会社200社、約4万人の技術者が登録されています。IRATAはこの分野における世界的なパイオニアであり唯一の国際協会です。

吊り元等の設備設計提案のお手伝いを行っています

ハンガーレール方式
ハンガーレール方式
パイプ方式
パイプ方式
アンカーボルト方式
アンカーボルト方式

社外安全パトロール技術講習会等に講師派遣

レスキュー技術講習会
レスキュー技術講習会
レスキュー技術講習会
レスキュー技術講習会
高層ビル(121m)でのロープアクセスレスキューデモンストレーション
レスキューデモ

イベントバックアップ業務

  • 外壁100m登高競争
    外壁100m登高競争
  • 外壁100m登高競争
    外壁100m登高競争
  • 観音
    観音
  • イベントの動画をこちらのページでご覧になれます。→ Movie
E-mail:webmaster@luna-bm.com